包帯とドレッシングの違いは何ですか?

言葉の包帯とドレッシングは非常に似ており、緩やかに定義されているため、両者の違いを理解することが困難な場合があります。この質問に対する教科書の回答はありませんが、一般的に言えば、包帯はドレッシングを保持するために使用されている支持器具です。包帯は、通常、創傷または傷害と直接接触しており、絆創膏は癒合を目的としている点で包帯とは異なり、包帯は単に治癒を支援する。

存在しているドレッシングと包帯の過多があります。これは、人が経験する可能性のある条件のすべてに合っています。火傷、擦り傷、切傷、または他の傷害は、特定のタイプのドレッシングを必要とすることがあります。サイズ、位置、および他の要因に応じて、各ドレッシングを効果的にするために、特定の方法で所定の場所に保持する必要があります。これは、包帯と包帯が非常に密接に関連している方法です。

包帯と包帯は、出血からの切開を止めるか、または慢性的な傷を治癒するように作用することができます。この医学的結婚は、重要性を過小評価すべきではありません。ドレッシングは、専門化の可能性のために、対応物よりも高価になる傾向がある。ドレッシングは時には銀などの抗菌剤を含むか、または皮膚グラフトまたはシリコンのような高価な材料でできている。このような要因は、包帯やドレッシングの適用を非常に高価にする可能性があります。

最も一般的な種類の包帯はガーゼです。これは、ほとんどの人々が家庭用品としてよく知っているロール状のガーゼです。場合によっては、これは臨床的には、「キング(kling)」または「コンフォーム(conform)」と呼ばれる。異なる名前がありますが、ほとんどのバリエーションは、ドレッシングを所定の位置に保持し、クッションを提供し、手に負う可能性のある排水を吸収するように設計された、同じ織物の圧延布を指します。

ガーゼは様々な理由で非常に有用です。 1つは、それが適用されることの容易さである。時には、傷や他の健康状態が身体の独特の領域に存在することもあります。ガーゼに似た製品だけが身体の隅や隙間に織り込まれ、考えられるあらゆる場所に事実上あらゆるドレッシングを保持することができます。

医療専門家は、包帯やドレッシングの適用前に常に存在しているか、相談しておくべきです。これにより、手順が正確かつ効果的に行われるようになります。また、完全な患者回復の可能性を最大限に引き出します。