さまざまなタイプの聴覚機器は何ですか?

聴覚機器や補聴器は、聴力障害のある人を助けるために使用される電子機器です。補聴器の種類には、耳の裏にある補聴器、耳の裏にある耳の補聴器、耳内の補聴器、手の届く補聴器、完全に手入れされたもの補聴器。すべてのタイプの補聴器の主な機能は、音を増幅することです。

耳の裏側の聴覚機器では、機械は、着用者の耳の後ろに収まるケースに保管される。メカニックは音を拾い、着用者の耳に挿入された耳型に取り付けられたチューブを移動します。音は着用者の鼓膜に運ばれる。このタイプの補聴器は大型ですが、大きなアンプとバッテリーを収納できるため、より快適な聴力を提供します。これらのデバイスは、軽度から重度まで、あらゆる難聴範囲に適しています。

開いた耳の後ろの耳の聴覚器具も同様であるが、それらはより小さく、管はより薄くなり、それらはやや目立たない。耳の型の代わりに、チューブの端に配置された先端またはドームが、耳を「開いたまま」残し、標準的な耳後部の器具よりも自然な音を提供するように、音を着用者の鼓膜に伝達する。オープンフィットの耳の裏にある楽器は、広範囲の難聴を支援することができます。

最大のタイプの補聴器は、耳内モデルであり、操作が簡単で、ボリュームコントロールや電話スイッチなどのさまざまなオプションが可能です。硬質のプラスチック製のケースには、外耳に装着された装置の機構が格納されています。これらは、補聴器の中で最大のものであるため、最も明白です。

耳管内の聴器は、外耳道内に適切に収まる。それらは、耳内および耳の後ろのデバイスよりも小さく、目立たなくしています。彼らのサイズは音量調節やマイクのように、彼らが提供できる聴力のオプションの量を制限しているので、彼らの目の大きさはあまり目立ちません。

すべての聴覚機器の中で最も明白なのは、完全にデバイスであることです。メカニックは、小さな道具の中に保管され、運河に直接挿入されます。マイクは運河に直接座っているため、最も自然な形の増幅を提供しますが、不快感を与えることがあります。軽度から中程度の難聴に役立ちます。