トラゾドンが不眠症にどのように効果的ですか?

不眠症のためにトラゾドンを使用することは、その副作用の1つが眠気であるために起こった。うつ病を治療するための処方薬としての長い使用にもかかわらず、科学コミュニティは、不眠症のためのトラゾドンの使用が効果的であるかどうか分かれている。多くの医師は定期的にそれを治療として処方し、その臨床経験に基づいて不眠症に有効な薬物であると考えている。しかし、睡眠科学者や他の医師は、不眠症のためのトラゾドンの使用に関する科学的研究の欠如を挙げ、その有効性を疑い、その副作用のためにこの目的のために使用することを強く推奨する。

興味深いことに、この議論の両側のほとんどの人は、患者がうつ状態になると、不眠症のためにトラゾドンを使用することが効果的な治療になることに同意することができます。不眠症は、たとえ早朝に服用されたとしても、抗うつ薬の副作用であることが医療界によって認識されています。トラゾドンは眠気を誘発し、抗うつ剤そのものであるため、うつ病および不眠症の両方に苦しむ患者にとって効果的な選択肢となりうる。抗うつ薬としてトラゾドンを処方していない医師の中には、他の抗うつ薬による不眠症の治療に効果があることが判明している医師もいます。

睡眠の研究によれば、発症、中期および後期の3種類の不眠症がある。睡眠開始は睡眠不足であり、中間の不眠症は眠りにくい。遅い不眠症は早く起きた後に眠りに戻るのが難しいことです。体内では、トラゾドンの半減期は約3〜6時間です。このため、不眠症のためにトラゾドンを使用することは、睡眠発症または中程度の不眠症のいずれかに使用されるときに最も効果的である。

不眠症のためのトラゾドン使用の有効性を評価することは、科学的研究の欠如によって妨げられている。彼らの不在で、多くの医師は、患者との臨床経験がトラゾドンが不眠症の有効な治療法であると信じています。トラゾドンは抗うつ薬としての時代を経て、その状態のために新しい薬に取って代わられているが、多くの医師が患者に役立つと信じているため、不眠症の治療法として広く使われている。他の処方薬と同様に、トラゾドンは副作用があり、不眠症に使用することに興味のある人は、どの薬物や治療法がニーズに最も適しているかを評価するために医師に相談するべきです。

トラゾドンは、1980年代初頭に市販された医薬品であり、抗うつ薬として分類されています。これは、セロトニンの再取り込みを阻止することによってうつ病を軽減し、この化学物質の多くが中枢神経系の神経によって使用可能になるように働く。抗うつ薬として、それは不眠症の治療のために開発されたものではなかった。