グリメピリドは糖尿病にどのくらい効果的ですか?

グリメピリドは、2型糖尿病の患者に有効な治療法です。 2型糖尿病は、糖尿病患者の90%に影響を及ぼす最も一般的な状態である。グリメピリドの主な作用は、糖尿病患者に影響を及ぼす主な問題である、膵臓からのインスリンの産出を増加させる。研究により、グリメピリドを糖尿病に使用すると、患者の血液中に含まれるグルコースのレベルが低下することが確認されている。治療の副作用は起こるが、薬物を服用している患者の2%以上には1つの副作用は認められない。

糖尿病のためにグリメピリドを使用すると、膵臓を刺激して、体が糖を消化するのに必要な化合物であるインスリンをさらに産生する。これは、同じ基本的な作用機序を有するグリブリドのような他の薬物とともに、スルホニル尿素薬として分類される。この薬剤は、食事単独では症状をコントロールできない場合に、2型糖尿病に対してのみ有効です。米国食品医薬品局(FDA)はグリメピリドの糖尿病への使用を承認した。

研究により、グリメピリドの糖尿病に対する有効性が確認されている。薬物の研究は、薬物の有効性の測定としての血糖値に焦点を当てています。結果は、2型糖尿病のためのグリメピリドを服用している患者がプラセボを服用している患者より低い血糖値を有することを確認した。砂糖丸薬、またはプラシーボは、臨床試験で患者の半分に与えられ、その薬の有効性がプラセボ効果の結果ではないことを確認する。

糖尿病に対するグリメピリドの影響に関する研究でも、治療の副作用の可能性が指摘されている。最も一般的な副作用はめまいと頭痛です。しかしながら、薬物を服用している患者の2%以上が単一の有害作用を起こさないことが判明している。これは、ダイエットで治療できない2型糖尿病の患者にとって、この薬剤が実行可能な選択肢であることを確認しています。

タイプ2の糖尿病は糖尿病の最も一般的なタイプであり、糖尿病患者の90%に影響する。ほとんどの症例は、低糖食や定期的な運動によってコントロールすることができます。場合によってはこれは不可能であり、薬物介入が必要な場合があります。インスリンの産生増加による血糖値の制御は、糖尿病患者が低血糖または高血糖に関連する副作用を経験する可能性を低下させる。