ラミプリルの共通の副作用は何ですか?

ラミプリルの一般的な副作用は、睡眠障害、吐き気、咳、めまい、頭痛、かゆみ、さらには嘔吐として報告されています。これらは、処方薬についてはかなり一般的な副作用であり、大部分の人々は、もしあれば、それらのうちの2つだけを経験するであろう。アルケスの一般的な形態であるラミプリルは、高血圧を治療し、脳卒中や心臓発作のリスクを低下させるために、他の薬物療法と組み合わせて処方されるアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤の一種です。これらの一般的な副作用は、それを服用している人々のためにいくつかの問題を引き起こす可能性がありますが、いくつかの簡単な予防策が取られれば、それらのいくつかは緩和され、または排除さえ可能です。この薬の使用に伴う一般的な副作用は厳しいものではないため、医師が処方箋を提出した場合にはパニックになる必要はありません。

悪心および嘔吐は、ラミプリルの最も一般的な副作用の2つです。これらの症状は、食べたり飲んだりするのに問題を引き起こし、一日を通して多くの仕事の達成を制限することさえあります。これらの一般的な副作用に対処する最も簡単な方法は、毎日少なくとも8つの大きなメガネを飲んで、空腹時には飲まないことです。患者は、それに何らかの物質が含まれている食事を飲む前に直接食べるべきです。この2つの簡単なステップがラミプリルが服用される前および服用されている間に行われると、ほとんどの吐き気および嘔吐を避けることができます。

ラミプリルの2つのより一般的な副作用は、咳とめまいです。もう一度、これらの副作用は日常生活の中で問題を引き起こす可能性がありますが、数々のメガネを飲んで服用したり、必要なときにカウンター頭痛薬を飲んだりすることによって、それらを取り除くことができます。最初の2つの副作用と同様に、単に水を飲んで固形物質を食べることで、咳やめまいの大半を防ぐことができます。これらの症状が依然として持続する場合、軽度の鎮痛剤を服用すると頭痛を軽減し、めまいの程度を下げることができます。

ラミプリルの最後の副作用はかゆみです。これは対処しなければならないかもしれない副作用ですが、より深刻な問題の兆候となります。一定のかゆみが生じた場合、医師はアレルギー反応が起こっていないことを確認するために相談するべきです。そうであれば、処方箋を別の類似の薬剤に変更する必要があります。そうでなければ、医師が特定の薬または軟膏を使用して助けることができると判断しない限り、かゆみを無視しなければならない場合があります。